最新レポート

<< >>

60.新段階に入る極東開発 -伏田 寛範

ロシア国旗

概要 2015年は、ロシア極東開発の転機であった。新経済特区

76.なぜ人の自由移動がEU危機につながるのか?-安藤研一

EU

概要 人の自由移動はEUの基本理念の一つだが、ブリュッセルや

77.ロシアを知るには高級レストランから-菅原信夫

ロシア国旗

概要 経済制裁下にもかかわらず、ロシア、特にモスクワ、サンク

78.EU・ユーロ圏のシャドーバンキング・システム-石田 周

eu

概要 金融危機の原因の一つとしてシャドーバンキングの存在が指

79.小国スロベニアのグローバル企業コレクトール-小山洋司

スロベニア国旗

概要 コレクトールは、モーター部品の整流子の生産で世界第2位

118.ロシアゆかりの街、函館で今「焼きピロシキ」が熱い-倉田 有佳

ロシア国旗

概要

ロシアと地理的に近く、古くから交流も盛んな函館で、今「焼きピロシキ」が熱い。ロシアとの歴史的、文化的な結び付きが強い函館の特徴を踏まえ、国(厚生労働省)の地方自治体に対する委託事業「はこだて雇用創造推進協議会」の「実践型地域雇用創造事業」で開発された商品ですが「食」の領域にとどまらず、さまざまな分野に波及効果をもたらしています。
» Read more..

117.人民元、ユーロとロシア-蓮見 雄

概要

ロシアは長くドルに依存してきたが、米国が次々と制裁強化を打ち出す中で、ドル依存からの脱却を考えなければならなくなった。それは図らずも、人民元やユーロの国際的役割を強化しようとする中国や欧州連合(EU)の思惑と一致している。
» Read more..

116. ロシアのジャパニーズウイスキー事情-菅原信夫

概要

ロシアではジャパニーズウイスキーに注目が集まっている。経済制裁下で、国民の懐具合は厳しさを増しているが、中級価格で希少価値があるため売り上げが伸びている。今後、原産地表示規制が進めば一時的に売り上げが減少する可能性はある。しかし、将来増産が期待されるジャパニーズウイスキーの輸出市場整備へのワンステップと考えれば悪いことではない。
» Read more..

115.ポーランドはEV用バッテリー生産拠点となるか-岡崎拓

概要

ポーランド自動車産業は市場経済体制移行後、外国メーカーの進出とともに成長を果たした。ポーランドは現時点で電気自動車(EV)をはじめとする次世代自動車への適応を迫られており、2000年代以降拡大しているエンジン生産にハイブリッド車(HV)用エンジン生産が加わるとともに、EV用バッテリー生産基地としての役割を獲得しつつある。
» Read more..

114.オンライン家電取引にEU制裁金-植村 吉輝

EU

概要

2018年7月、欧州委員会は家電メーカー4社に対し、欧州連合(EU)運営条約第101条違反を理由に総額1億1100万ユーロ超の制裁金を科す決定を下した。4社はオンライン取引において小売業者から小売価格設定の自由を奪い、「再販売価格の拘束」を行った。オンライン取引がますます拡大する中、欧州委は価格監視アルゴリズムを用いた再販売価格維持行為に対する監視を強化していくと予想される。 » Read more..

Back to Top ↑